ブラジル・Salvadorカポエィラ修行日記
カポエィラ(カポエラ)修行その他の日記です。 バイーア州サウヴァドール(サルヴァドール、サルバドール)と言う一部の人にはたまらない場所の情報も!カルナヴァウ(カーニヴァル、カーニバル)も!
日本にいる時は適当な日々のカポエィラ話とかイベント情報とかを書いています。
サルヴァドールのカーニヴァルの日記はこちらにまとまっています。
全国カポエィラ総合情報サイト「ABC de カポエィラ ド ジャパォン」はこちら
わからないカポエィラ用語はこちらの用語集で探してみて下さい!
※写真の上にカーソルを持って行って1秒待つと説明が出ます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/27(月) カルナヴァウ5日目。日本人パーカッション集団、ナタカトシア!
先に書きますが今日は動画ありません。

朝は10時ぐらいにメストゥレ マンジンゲイロに起こされた。勘弁してくださいよ。
また寝たけど。

カンポグランジの方のルートのイヴェッチのトリオにXUXAがいたらしい。テレビでやってる。おおー。
南米で一番有名な子供番組の司会者。
カポエィラの中で歌われる誕生日の歌に彼女の歌があったり。

あと昨日、ユカさんがマルガレッチ メネーゼスと一緒にトリオの上で踊ってた様子をテレビでやってた。

そんでペロウリーニョに行く。
バーハのショッピングセンターあたりからバスに乗っていけとフラカォンに言われたけど、
ヴェフメーリョんちの近く、サビーノ シウヴァまで歩いてそこからタクシー。
別に18R$だったのでバスの10倍程度だしかまわん。

トニー曰く、「ペロウリーニョには警察がいるけどバスの中にはいないから・・・わかってるな?」
との事。
そりゃそうだ。そう考えると怖い。
時間と方向によってはこの時期のバスはかなり怖い気がした。

あとこっちのタクシーは基本的にぼったくりません。
車内での会話でも楽しみましょう。

ペロウリーニョの坂の下に入るところで降りて坂を登る。
なんか思ったより人少ないな。

何年前だっけ。はじめてのカルナヴァウの時、ここで顔殴られたからもうこねえよと思ってたけどこの時期。
なんか安全な匂いがする。
って言うか当然なんだろうけどバーハとかより全然余裕。
ケンカなんて全然見ない。騒動もない。なんじゃこれ。すげえな最近のサウヴァドールは。

で、パウロの店に行ったらパウロいた~。久しぶり~。
当然嫁さんのユカさんの話をする。
ユカさんは純粋な日本人ってところが大事で、日本人の印象がこれでかなり変わるだろう~と言っていた。
日本人だってこんなに踊れるんだぜ。日系じゃなくて日本人だぜ~みたいな。

そのまま日系社会の人は考えが古いとかそういう話になった。
レズリー先生にならった「cafona」と言う単語をはじめて出せた。

そんでJICAで南米に来てて(それぞれパラグアイ、サンパウロ、サントスなど)今休暇でこっちに来てる女の子4人を
カンポ グランジからはじまるアフロ系のブロコに連れて行くってんで着いて行ってみる。
そしたらこんな人がいた。
いい人オーラにあふれてる
日本語勉強してるみたい。

って言うかその4人の写真撮るの忘れたよ・・・俺いつもこうだ。

半年前にみんな赴任してそれぞればらばらだったけど今ここで集まってるらしい。
パラグアイに行ってるメガさんと言う人はコハダォンで半年ぐらいカポエィラしてたらしいけどパラグアイには
カポエィラなくてせつないらしい。1人練習してるとか。そんなに好きなのね~。

あとはサントスに赴任してる猪木さん(下の名前やっぱり忘れてしまいました・・・)にNHKドラマ「ハルとナツ」の話したら
やっぱりサントスは日系移民が最初に入ったところなのでみんな見てて、いろんな反応があったと教えてくれた。
辛くて見れない人とか。

なんか時間あるのでメシ食うっつうんでソレもついて行く。
パウロと久しぶりに色々話せた。
ナサォンとトパーズィオの団体抗争の事を「Guerra Fria」と言っていた。冷戦!!??

ユカさんはずっとずっと頑張ってきて、お金がなくてダンスの授業料はパウロが払ってあげたりしててって時代があって、
今はもう物凄い大ブレイクっぷり。ええ話や。
今日だか昨日の1回のトリオでのダンスのギャラとか教えてくれた。凄いっすね~。
良かった良かった。

そんでみんなはカンポ グランジに向かったので別れる。気をつけて~。
って多分そのブロコはそんなに混乱ないはずだから大丈夫でしょう。パウロもいるし。

そこかしこでやってる色んなパフォーマンスを見て回る。
踊り子達
ステージでパゴージ
教会前の広場ででっかいステージが。
後ろには女もいるヨ。
マイ黒ジャクソンや滅茶苦茶なカポエィラもあった。

しかし今ペロウリーニョの一番嫌ところは泡のスプレーを子供達がゲットしまくってて、
そこらへんで何も考えずにスプレーふきかけてる。
俺こう言うの嫌いなんだよねなんでコレが原因で子供殴られたりとかしないんだろう。みんな偉いな。

カメラにかかったらやべえじゃん。
あと目に入ったら。

で、ここに来た目的のナタカトシアと言うなお宿と言う宿を経営してる太鼓叩きのなおやさんが率いる日本人だけの
パーカッション集団を探す。

ペロウリーニョを練り歩くとの事だけど・・・。
全然わからない。

と、言う事で遭遇した日本人のカップル、健太郎さんと愛子さん(でしたっけ)に聞いてみて、
って言うか彼らも探してたので一緒に探したり。
他にもまこちゃんとあと名前忘れちゃった女の子のカップルとか、あと男3人組とか・・・。
日本人やっぱり多いな~ペロウリーニョは。なお宿関係者じゃなくてもこんなにいるなんて。

はじめてここに来た8年前、他に日本人らしい人をみかけた時、
南城さんと一緒にためしに放送禁止用語を叫んでみてたあの頃が懐かしい。
(俺の記憶ではこうなんだけど俺一人で叫んでたと言われたなあ。おかしいなあ~)

で、全然ナタカトシアは現れない。
9時にスタートと聞いてたって言うかサイトにも書いてたけどすでに10時。
しょうがないので一人でまた回ってみて、警察に聞いたりしてもまだだと言うのでさっきまで待ってた
ラルゴ ド ペロウリーニョに戻ったらやってた。
で、こっから先の内容はほとんど写真に書きます。写真の上にカーソル持って行って1秒立つと文章出ます。
キターなおやさん
メガネしてるの最初だけ
旗にはカタカナ崩してナタカトシアと。
手に持ってるのは杖!怪しい杖。
旗重そう~太鼓も重そうだけど。
背中にはEU SOU 犬と書いてある。でも人は食わないよとも。(ちゃんと見てないので違うかも)
全部で25人ぐらいですかねー日本人だけで!
途中からしばらくずっと前にいたオカマ
いやあ俺このオカマ、関係者だと思ってましたよ。フレディ・マーキュリーの女装を思い出しましたので憎めません。
警察の乗る台の上から撮影(いない時は別に登っても構わない)
台の上から後ろから。
手前が京都コルダォン ジ オウロの人
テレビ取材も入ります
そしてステージへ向かいます。
ステージの上。関係ない人も乗ってます。俺も関係ないかもしれないけど。
ステージ広いのでいい感じです。
肘の角度は直角です。小指だけ開いてます。あと後ろにいる大きな人達は何もしてくれません。
後ろから撮影。男女半々ぐらいですかね。
「やれやれだぜ」のポーズに近い
左右に激しく振りながら叩いているところ
周りで見てた色んな人が褒めてました。
そして終点のラルゴに向かいます。
ここからも実はまだ長い。
警官とナタカトシア
終点です。キメて終わり。
みんな拍手。最後は目がうつろに。条件反射だけで叩いてると言っても過言ではないような状況でした。
後ろにいる大女は何もしてくれません。
いやあー2時間近くほぼたたきっぱなし、お疲れ様でした。
自分の腿を何度か叩いてしまって真っ赤に腫れてる人も。

日本人は日本人を呼ぶと言うか、行進の途中でまた知らない日本人がどんどん集まってきました。
みんな嬉しそうにみてましたねー。

俺関係者じゃないけど知らないおっちゃんに声かけられて「日本人か」とか聞かれて、
最後に「パラベンス(おめでとう)」だって、いい話じゃないですかー。
こっちも嬉しくなりますね。

サウヴァドールのカルナヴァウのシンボルになったユカさんもそうだけど、こうやって日本人やるじゃん的な
イメージがこっちに広がって行ってるんだな~と思いました。
俺も2年前にGLOBOの番組に出た時はちょっとは貢献できたのかな。
俺の場合はあとは現場、色んな団体のホーダやバチザードなどでガンガン闘うしかないけど。
最近闘える気がなんか知らんがするので、なんと言うか楽しい。早くカルナヴァウ終われ~。

って感じでいいアシェー(エネルギー)もらいました。

しかし1つだけ気になったのは、タイコ叩くだけで自然と筋肉つくと思うけど大胸筋と腹筋はあんまりつかないので、
そこだけは筋トレした方がいいかもと。
カポエィラも同じだから腹筋と胸筋鍛えるのだけは欠かせません。
なんか路線変わっちゃいそうだから良くないかもだけど、みんな黒くていい体してるのでせっかくだから是非~。

しかし行進中の彼らに対しても泡のスプレーは容赦なく浴びせられてて、大変そうだった。
全員はったおしてやりたかったっつうの。

ナタカトシアメンバーの方には、俺が日本に帰って(4月1日発)しばらくしたら撮った写真と動画をアップして、
なおやさんにアドレスを教えますんでちょっと先になりますが是非見て下さい~。

その後なお宿2号館にお邪魔する。
なおやさん相当お疲れ。
何をすると言うわけでもなかったけど、なお宿の場所を知りたかったし色々話をしたり。

カルナヴァウが終わったらみんな散り散りに色んなところに行ってしまうんですね。
と、言うか俺みたいにサウヴァドールだけにしか滞在しないってのは珍しいのかな~と思った。
色んな人から見たら。
俺の場合コレ仕事だからしょうがないけど。
ただ色んなところ行くのもいいかもな~とちょっと思ったけど多分行かないだろうなあ~俺と言う人間は。

あとこいいだくんの印象が痩せてると言う印象しかない子がいた。
写真見せてあげたら驚くだろうな~、こいいだくん痩せましたか元気ですか。

って言うかビリンバウオーケストラ見てる人が2人もいた。お恥ずかしい。

そんで健太郎さんカップルとタクシーでバーハに向かう。
彼らはヴィトーリアの友達の家にいるらしい。ヴィトーリア懐かしい。

カポエィラやってる集団がいた。
思いっきり野良カポエィリスタ風情丸出しだったので引いて見た。

で、昨日発見したオススメの場所、BAND FOLIAっつうテレビ局の中継所を教えて別れる。

そしたら今度はまた違うJICAの人達に遭遇。女の人8人ぐらい。すげ~。
彼女達にもBAND FOLIAの場所を教えて別れる。
あと同性愛者ばっかりのカマロッチの事もついでに。

で、急いでオンジーナに戻る。

今日は遠回りしないで思い切って突っ切ろうと思ったけどこれが失敗で、全然進めない。
とにかくトリオの横を抜けない限りどうにもならないんだけど、もうちょっとで横を抜ける~ってところで全然進めなくなって
逆にトリオが先に進んでしまったり。

頑張って急いだけど、バーハ ヴェント、そしてビリンバウ オーケストラのメンバーのミゾさんが乗ってタイコを叩いてる
ダニエラ メルクリのブロコは、既に終わってた。
ミゾさんには会えず。

って言うかその1個前のブロコには知り合いの新聞記者の方が参加してたんだけど、やっぱりもう会えるはずもなく。
うーん残念。

疲れ果ててアカデミーアに戻り、フェイジャォンを食って休む。

食ってる横を一番好きなHarmonia do Sambaが抜けていったけど、好きな曲じゃなかったしもう無理だし放置。
日記書いてる最中にマルガレッチ メネーゼスも通り過ぎるけど好きな曲じゃなかったしもう無理だし放置。

今日はトリオの写真撮ってなくてすみません。動画も・・・。

アソシアサォン ジ カポエィラ メストゥレ ビンバの古い生徒のマンガが来たらしい。
会えなかったけど。

トニーはご機嫌続きで、明日に備えて今日は早めに休むと。
明日の最終日を楽しむぜ~と言ってた。若いな~43歳・・・。歳・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。